鳥取境港❝縁❞

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

地方新聞社への疑問

昨日(25日)、山陰の地方紙から取材依頼があったのですが、条件が合わず断り(断られ)ました。
6月末に一度、来ていただいており、その際にも方向性の違いはあったので「もう来ないだろう」と思っていたら、昨日「明日オープンですね。あらためて取材を」と電話がありました。
そこでこちらも、あらためて取材条件を申したところ、まぁ決裂したわけです。最後は若干、けんか腰になりました(^_^;)

取材に際して私が出した条件は「顔写真を載せない」「見出しに個人名を取らない」です。
新聞の読者の多くは「見出しと写真だけ“見て”本記はほとんど読まない」ものです。まず見出しと写真で、興味があれば本記へ、という流れ。そこにたどり着く読者は、せいぜい数%。その本記も、正しく理解して読み解ける人は、さらにほんの僅かです。
そして、表現は悪いですが「読者は大して賢くない」のです。
顔写真が出てしまうと、特に田舎ですから、記事も読まずに「あんた新聞に載っとったなぁ」となります。さらには「宿のルールもコンセプトも理解せずに遊びに来るような人」も現れかねません。そうなると、せっかく取材してもらっても「デメリット」になってしまいます。

私は「旅を愛する旅人」のための空間をつくりあげているわけで、「観光振興が地域活性化につながれば」とは思っていますが、宿としてもコミュニティスペースとしても「旅・旅人に興味がない地域住民」のために運営しているのではありません。そんな人に興味本位で見られたくないのです(ついでに言えば、取材が成立したら「地域版ではなく広域板に載せてほしい」とも要望するつもりでした)。

新聞社の記者は「顔写真を出すことが『社会的責任』として必要」だと言いました。
しかし、それは単に「その新聞社の方針と、取材の定型」でしかないと思います。
それを突き付けてくるのは、ただの傲慢です。少なくとも、自分が学んできた新聞社では、記事のスタイルや掲載方法は臨機応変に対応していましたし、取材される側と読者側の目線を、もっと考えていました。

私は、明確なコンセプトをもって、拘った空間をつくりあげています。そこを「宿」として紹介していただけるのなら大歓迎です。
一方で「私個人」は、宿泊者やコミュニティスペース利用者に対して表せばいいと思います。不特定多数の、ろくに記事も読まない人に対して、顔写真や名前を前面に出す必要があるのでしょうか!
それよりも宿の拘りを、少しでも多く写真で載せてほしいのです。自身の経歴などを書くなと言っているわけではなく(あまり詳しく書かれたくはないけれど)、「『導入部分』が『宿』となる記事」を望んでいるのです。それならば、地域住民でもちゃんと理解してくださる人の比率が高くなります。

新聞社は「人物取材がしたい」、私は「宿の取材をしてほしい」。そこが相容れず(特に顔写真は絶対載せたいらしい)、理由も理解していただけなかったので、最後は過去の記事の批判も述べさせていただき、すっかり怒らせてしまいました(^_^;)

また、取材に来た女性記者(私と同年代か?)は、ゲストハウスに泊まったこともなく、旅にもあまり興味がなさそうでした。宿のコンセプトや拘りを話しても、質問されるのは経歴ばかり。そんな人に記事を書いていただいても、自分の目指すものを伝えてくれるとは思えませんでした(なので取材OKとなった場合でも、別の人を指名するつもりでした)。

本来、新聞社の役割として、観光協会や水木しげるロード振興会が抱える諸問題、リニューアル計画の是非なども、行政や組織サイドの公表するまま載せるのではなく、疑問をもって検証し問題提議するべきです。
新聞社から行政や組織につき上げていく、それが新聞の役割の一つです(20年くらい前は、特に大手紙では当たり前のことでした。今はその姿勢が薄れてきていますが・・・)。

私は取材において、例えば、相手が話したことが本当に正しいのか再検証することや、事業計画や催事なども否定的な視点で見直すことを学んできました。それは人間的に「嫌われる」こともありますが、記者が組織などに媚びるようではいけません。
新聞社は物事を単純に受け入れるのではなく「重箱の隅を楊枝でほじくるような視点」を持ち、そこで駄目なものはがあれば駄目と言える姿勢で取材し記事を起こすべきです。最後に「リニューアル計画やロードの現状の問題点を検証し取材してくれ」と言ったら、「考えておきます」と言いながらも「できない=やらない」という感じで、明らかに不機嫌になったのも残念でした。

山陰にはもう一紙ありますが、こちらも同じようなスタンスだろうなぁ・・・。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。