鳥取境港❝縁❞(コミュニティ重視型ゲストハウス様式の宿)

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

水木先生の命日企画は「クイズ」を実施、宿も《特別割引》を設定!

11月30日は「水木しげる先生の命日」です。


既に一度、告知しておりますが「大正町まちづくりの会」では「『水木先生および世界妖怪会議』に関するクイズ」を実施します。
問題は10問。ある程度の知識があれば簡単に分かるものから、実際に世界妖怪会議の“会場”に行かなければならないものまで難易度に差を付けました。といっても、「世界妖怪会議」へ足を運べば、すべての答えは導き出せます。


水木先生の恩恵を受けて誕生した「水木しげるロード」として、来てくださる観光客のために何もしないわけにはいきません。
「水木先生の命日を忘れないこと」はもちろん、「リニューアル工事による『世界妖怪会議』の整備を知らずに来られている人が多いこと」、そして「境港市としては何もしない、振興会や記念館も対外的な取り組みがないこと」から、「まちづくりの会」として昨年に続いてのイベント開催となります。


実施日は、命日当日の11月30日(木)と、週末の12月2日と3日。
午前10時ごろから午後4時ごろまでの予定で、「鬼太郎はうす」横にテントを立て、問題用紙を配布。回答をいただき、全問正解者に「リニューアル後の2018年4月~11月末に使える500円のサービス券」を進呈いたします。
サービス券は先着100名まで(家族は基本的に1枚のみ)。


東京都調布市では「ゲゲゲ忌」として、調布駅前や布多天神社、深大寺周辺などで、本日(23日)からトークショーや横丁、スタンプラリーなどのイベントが行われております。


また、福岡県立美術館でも現在「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が行われており、命日の30日はポスターのプレゼントがあり、本日~30日の間に展示を鑑賞され応募に参加した人には抽選で限定グッズが当たります。



こういう話を知ると「ぜひ境港も!」と思うのですが、市としても振興会などの地域としても、具体的な話は何も上がっておりません。
それもあって自分たちでできることを実施するわけですが、本来は境港市こそ、この日に大々的に「感謝の念」を示すべきです。「生誕祭を境港で行うから、命日は調布」などという「無用な縦割り」は要りません。
気持ちを表さなければいけない大切な日だということを忘れず、来てくださった観光客に楽しんでいただけるよう取り組んでいきます!


当宿も11月29日と30日は《特別割引》を実施します。


ぜひご利用いただけることを願っています!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。