鳥取境港❝縁❞(コミュニティ重視型ゲストハウス様式の宿)

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

「水木しげるロードを楽しむためだけ」に来てくださるありがたさ

今日(12月8日)、朝から境港駅前で、東京からの一人旅女子とお会いしました。
「世界妖怪会議」の“会場”で少し話をしていると「水木しげるロードを楽しむためだけ」に夜行バスで来て、丸一日観光されるとのこと。鬼太郎のアニメなどもよく見られていて、本当に「水木しげるロードをを楽しみたい」という想いが伝わってきました。

いったんお別れし、昼前に水木しげる記念館前で再合流。
ゆっくり土産物店を覗きながら、水木しげるロードをご案内しました。

朝は晴れていたものの、午後からは雨が降り出し、時折激しくなる状態。
それでも、まさに“満喫”という感じで、悪条件をものともせず楽しまれていました。


駅前の大漁丸で遅めの昼食をご一緒し、宿を見学していただいて再び分かれ、午後5時ごろ再々会。
ご案内している時から「欲しいものがいっぱい」と、いい意味で“困って”いましたが、戻られた際には鬼太郎のエコバッグいっぱいにお土産を下げていました。


日が沈んで雨が雪に変わる中、水木しげる記念館のライトアップなどを見に、もう1往復。


朝から夜まで、「今」を楽しんでいただくことができました。
「充実した一日になりました」と語ってくださって、その“想い”に心から感謝しています。
必ず再訪してくださると信じておりますので、再会が楽しみです。

また、合計で5時間以上ご一緒したのですが、今までご案内は長くても1~2時間で、これほど長時間いろんな話をしたのは初めて。自分も楽しい一日を過ごさせていただきました。


うちの宿を利用してくださる旅人さんは、「2~4泊くらいの旅で、1泊を境港で過ごす人」が多く、水木しげるロードで長く過ごされる人でも、滞在は「4~5時間くらい」。短い人だと2時間くらいの散策で次の目的地へ向かわれます(目的が隠岐や美保関の人だとゼロに近い人もいます)。「1泊2日の旅」でうちを選んでくださる人でも、多くは出雲や松江、大山などへも行かれるので、なかなか「朝から夜まで」とはなりません。
こういった、「旅」として「町」をゆっくり楽しんでくださる人がもっと増えてくださることを願うとともに、そのような純粋に楽しんでくださる旅人さんと運よくお会いできて、より町を愛していただく力になれれば、と思います。
そして、その積み重ねから、うちの宿泊に繋がってくだされば幸いです。


今までにも「宿泊者第2号の男性」をはじめ、札幌からの女性、横浜からの女性、妖怪検定受験の男性など、「ご案内」をきっかけに半年後や1年後に泊まりに来てくださった旅人さんがいます。
それは「町」を「楽しい」と感じてくださったからで、やはり宿として「『旅』の中で『町』への愛情を感じていただくこと」を大切に接していかなければ、再訪していただけないでしょう。
これからも「水木しげるロードを楽しむ宿」として、できる限り、旅人さんたちの「旅の楽しさ」が増すように努め、「町の魅力」を余すことなく伝えていきたいと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。