鳥取境港❝縁❞(コミュニティ重視型ゲストハウス様式の宿)

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

水木しげるロードの人気撮影スポット④(本町〜水木しげる記念館)

★「カニあり、箱(?)あり、YouTube風の看板あり」
大正町の「妖怪ショップゲゲゲ」にも匹敵するほどオブジェを揃えているのが「もののけ本舗」。こちらは“今風”のものが多く、YouTube風の看板には、かつらなどの小道具も用意されています。


★「キャッシュコーナーも妖怪の家っぽい」
「とりぎん」のキャッシュコーナーは、さながら「妖怪の家」。「妖怪に暗証番号を教えないでください」という看板が面白いです。お堅い銀行がこんな建物をつくることができるのが、境港・水木しげるロードの楽しさです。


★「妖怪楽園のオブジェなど」
「妖怪楽園」は遊べる施設がいっぱい。子どもだけでなく、大人も夢中になれるのが特徴です。大きながしゃどくろをはじめ、滑り台になっている一反木綿や、鬼太郎の家も人気です。ラテアートも”インスタ映え”(^_-)-☆


★「記念館内のトリックアートなど」
「水木しげる記念館」の中は、撮影可能エリアがあり、怪しい妖怪のオブジェと一緒に映ることができます。2年ほど前、2階にトリックアートが設置され「一反木綿に乗っている」「大かむろに食べられている」感じで撮影できます。ほか、庭には鬼太郎の家があり、入り口では水木先生や鬼太郎が出迎えています。

★「記念館前の前庭には、夜は影絵が!」
「水木しげる記念館」は、前庭も撮影スポットがいっぱい。鬼太郎と目玉おやじの塔や「のんのんばあとオレ」「鬼太郎誕生」のブロンズ像などがあります。そんな記念館前の見どころは、何と言っても夜。大木は日没とともにライトアップされ、赤や青、紫と変化します。さらに現在「ねずみ男」と「踊る水木先生」の影絵が投影されており、日没から22時ごろまで見ることができます。


4回に分けて紹介しましたが、これはほんの一部。いわゆる「インスタ映え」する撮影スポットは、まだまだたくさんあります。独自の目線で、水木しげるロードを純粋に目いっぱい楽しんでいただければと願っています。
《終わり。情報は2018年3月末現在。リニューアル工事により、変更されるものもあります》

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。