鳥取境港❝縁❞

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

《公共交通機関を使った2泊3日の旅で境港に1泊》【プラン③】

【プラン③ 松江~出雲~境港~美保関~松江】


最後の案は、発着を松江にしたプラン。
夜行バスなら往復割引が使える(寝台列車でも距離次第で可能)。この案も「縁結びパーフェクトチケット」が有効に使えるので、松江を起点にするのが最もいいだろう。飛行機の場合は、出雲空港と米子空港どちらを発着点にしてもいいし、往復で別々でも問題ない。早割か往復割引で取るかで選択すればいい。


とりあえず夜行バスを使うとして、まず松江で下車。
「縁結びパーフェクトチケット」を使ってそのまま出雲へ向かうか、「レイクライン」で松江を散策するか、天候次第で決めてもいいだろう。1泊目は松江でも出雲でもいい。


2泊目は境港。最終日にコミュニティバスで美保関(美保神社など)へ。境港へ戻って松江行きのバスに乗り継いでもいいが、万原ターミナルまでコミュニティバスで行き、「縁結びパーフェクトチケット」が使える万原ターミナルから松江までバスで戻る手もある。ルートを変えれば当然、車窓からの景色は異なるので、楽しみも増える。


また、最初の2日間でじっくり松江・出雲エリアを楽しんでもいいし、2日目に美保関へ回ってから境港入りし、最終日を境港でゆっくり過ごしてもいい。発着が同じだから、ルート選択に融通が利くのだ。最初に美保関→境港と向かってもいいわけで、天候によって自由に変更しやすく、移動距離が短いので「もっと楽しみたかったと思っても駆け足になってしまう」といったことも起こりにくい。


最初にも書いたが、「夜の水木しげるロード」と「美保関」は、もっと旅人に楽しんでいただきたいのだ。そこでこんなプランを提案するのだが、コミュニティバス以外は「縁結びパーフェクトチケット」でカバーできるので、現地での交通費も概ね4000円以内で収まる。欲張らず「周遊エリア」に絞って楽しむうえで、ぜひ「夜の水木しげるロード」と「美保関」に目を向けてほしい!
≪写真はあらためて、夜の水木しげる記念館と美保神社です!(^^)!≫

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。