鳥取境港❝縁❞(コミュニティ重視型ゲストハウス)宿ブログ(^^♪

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

飲食店の混雑と、事前の案内

夏休みに入り、子ども連れのご家族が目立つようになってきた水木しげるロード。
うちの宿も8月の予約は、子ども連れのご家族が大半。昨年の同時期の予約状況と比べると、女性グループが激減し、一人旅の女性も微減。そして連泊が少ない。
7月上旬の大雨被害で、広島県内各地をはじめ岡山や鳥取、島根の山間部などで鉄道の運休が続いており、この夏は「西日本の青春18きっぷの旅」は不可能に近い。これがドミトリーの集客に影響を及ぼしているのではないだろうか。
子どもが多いため人数的には昨年とほぼ同数にはなっているが、10日までを比べると7割程度でしかない。個室の上積みは10日と14日、18日くらいしか期待できず、とにかくドミトリーが入らないと厳しい。
「鉄道網の早期復旧」を祈るしかない。


4日~19日の間の予約は、なぜか「女性ドミは偶数日」「個室は奇数日」に偏っている。
現時点で6日(月)以外は最低1人は入っているが、個室とドミの両方に入っているのは11日と12日だけで、偶数日の多くが「女性ドミだけ」(ちなみに昨日(2日)もそうだった)で、奇数日は「個室だけ」の日が複数ある。13日と15日は個室が満室なのにドミトリーがゼロで、間の14日はドミトリーのみで個室がゼロ。なぜだろう?
予約が入り始めた時は偏りはなかったのだが、変更やキャンセルがあって、不思議な現象に陥ってしまった。
ちなみに昨年もそうだったが、お盆期間中は「初ゲストハウス」が非常に多い。ファミリーはもちろん、女性ドミもその傾向が高いのは、うれしい。


とにかく水木しげるロードの観光客はファミリー層が多くなっており、その影響で、徒歩圏内の飲食店の混雑が顕著になり始めてきた。
特に境港駅前の回転寿司「大漁丸」は、ファミリー層で利用しやすいためか、夕方になると食材がなくて早仕舞いする日が多く、先週の土曜日と今週の火曜日は子ども連れのご家族が、昨日(2日)は一人旅の女性が18~19時の間に行ったが、すべて「受付終了」で入れきなかった。
土曜日と火曜日は、ほかに選択肢があり廻っていただけたが、木曜日は良心的な飲食店がことごとく定休日で、徒歩で行ける店が非常に少ない。しかも、昨日はお酒を飲まない人だったので居酒屋も好まれず、ワンランク劣るうえ値段が高めの店を紹介するしかなかった。


昨年も繁忙期は夕食処に恵まれなかった人がいてご不便をおかけしたので、今年はゴールデンウィークと夏休み期間は、ご予約成立後に「お勧めの飲食店の一覧」を送付し、予約を勧めている。
車で来られるご家族なら少し足を延ばせば多くの店があるが、徒歩圏内は飲食店が少なく、あっても評判が良くない店も数軒あるので、公共交通機関で来られている人に紹介できる店は限られてくる。チェックインが遅いと、なおさらだ。
せっかくなら良心的で味が良い店に行っていただきたいし、ご家族や女性客は「食」へのウエートが高い人も多いので、抜かりのない対応を心掛けていきたい。


ちなみにご家族や女性客は大半が外食だが、男性はスーパーやコンビニで食材を買ってくる人が多い。特に年齢が高くなるほど、その傾向がある。女性客は逆で、40代以上は「境港に泊まる目的」として「おいしい海鮮が食べたい」という気持ちが強く、スーパーで買って済ませるのは学生だけと言っていい。


うちの宿は、予約を受理したら、まず詳細案内を送る。特に宿泊予約サイトからの予約で、予約者が年配の男性の場合、ゲストハウスの様式が分かっていない予約も入るので(プラン間違いなども多い)、かなり丁寧に記している。ここでキャンセルになるケースが3割くらいはある。このやり取りが、信頼関係を築くうえで重要だと思っている。
その中で、案内を送ると非常に丁寧な返答をくださる人が一定数いて、飲食情報などだけでなく観光案内も含め、多い人だと実際に来られるまでに5〜6回は、何らかのやり取りが交わされる。
やり取りの頻度は一人旅の女性が高く、旅プランの事前相談が多い。30~50歳代の人は、メッセージ文の丁寧さが際立つ。ご家族は特に飲食店情報を喜ばれる感じで、予約の窓口が女性(母親)のほうが、さまざまな質問を寄せて来られる。


このやり取りの頻度が上がるほど信頼関係が強くなるので、すごく大切なこととして取り組んでおり、「宿泊代」の中に含まれるサービスの一環として、連絡を密にすることが代価の一つ、というよりも、比重が大きいものだと捉えている。


ご家族や女性客は、殆どが水木しげるロードを観光した後、「鳥取・倉吉方面」か「松江・出雲方面」の観光に向かわれる(女性は朝のフェリーで隠岐へ渡る人も2割くらいいる)。
特に女性客は「出雲大社」か「鳥取砂丘」へ行かれるが、「ほかの予定は決めていない」という人が多く、好みに合わせていくつかのプランを提供し、その中から選択される感じになる。


昨日(2日)ご宿泊いただいた大阪からの大学生も、水木しげるロードは午後に到着してその日のうちに散策済みで、翌日(3日)は「鳥取砂丘」へ行って、夕方のバスで帰ると決めているだけだった。そこで、間の案として「とっとり花回廊」「由良(相山剛昌ふるさと館など)」「倉吉(赤瓦・白壁土蔵群など)」の3つが候補に挙がり、時間と交通機関の兼ね合いで「由良」へ向かわれた。


ただ、これが土日だったら、無料シャトルバスの本数が増える「とっとり花回廊」にされたかもしれない。公共交通機関は平日と休日とで利用条件が大きく変わってくるので、提案できる案も変わってくる。
状況に合わせたプランニングこそ、「旅宿」としての「本質的な案内」だと思っているので、要望に応えながら、最善を尽くしていきたい。


うちの宿は、殆どの宿泊者が各々で食事や銭湯などに出掛けるので、ずっと「コミュニティスペース」に滞在する人は少なく、入れ替わり滞在する感じになりやすい。繁忙期でも、めったに大人数で交流する雰囲気にはならない。そして、事前連絡を密にしていることから、宿泊者と自分との会話は「水木しげるロードの楽しみ方」か「翌日以降の旅のプランニング」になることが多い。
逆に言えば、「プランニング」は宿泊における代価の一つと考えているので、ご宿泊いただく旅人さんには、事前でも当日でも「遠慮なく相談してくださること」を願っている。


「水木しげるロードの観光」については、うちで情報を仕入れてから散策したほうが「本質的な魅力」は絶対に発見できる。そんな町本来の「楽しみ方」を伝えることと、「公共交通機関を使った旅のプランニング」には、絶対の自信がある。


ご宿泊の間だけではなく、それぞれが旅を満喫して帰宅するまでの行程に対して、協力できることすべてに力を注いでいくつもりでいる。
それが、うちの宿の特性であり、目指すものの一つだ――。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。