鳥取境港❝縁❞

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

3月は幸先よく、コンセプトに完璧!(^^)!

昨日ご利用いただいた、3月最初の旅人さんは「初ゲストハウスの女子大学生」2人。
兵庫からと奈良から、それぞれ一人旅で、ともに「水木しげる先生の作品の大ファン」。ありがたいことに、二人とも「ほぼ水木しげるロードだけを楽しむために」来てくださったのです!(^^)!

兵庫からの女性は、夜行バスで到着してから終日、ロードを堪能し、夕方は自転車で夢みなとタワーへ。今日も午前中に少し散策したのち、大山の麓にある「植田正治写真美術館」へ向かいました(ちなみに植田先生も境港のご出身です)。ご実家の鹿児島にいらっしゃる妹さんやお母さんもファンのようで、一緒に来たいと話していました。


奈良からの女性も昼過ぎに到着。こちらも夕方まで散策し、翌日は境港在住の友人と合流して、またまた散策に出掛けました。古いアニメにも詳しかったし、調布の深大寺・鬼太郎茶屋へも訪ねていました。出身は徳島の県南部で、将来は地元の観光振興にも努めたいそうです。

昨夜はお二人で海鮮を堪能したのち、「妖怪ショップゲゲゲ」で手づくり体験。緊張しながらも”オリジナル作品”をつくり上げました。最近また、てづくり体験を希望される旅人さんが多くなり、楽しんでいただけています!
さらに“パチンコで稼いだ”店主とともにお好み焼き店へ。このあたりで緊張感も解けてきて「初ゲストハウス」の不安も和らいだ感じになり、会話も弾みました。

お二人とも、うちのコンセプトどおり「ゆっくり、健全に、水木しげるロードを楽しむ旅」でした!
しかも「初ゲストハウス」。完璧です!!


似たようなスタイルで水木しげるロードを楽しんでくださった2人が、うまい具合に一緒になり、私自身も楽しい時間を過ごせました。いい“縁”を紡ぐことができたと思います。
お二人とも大学在学中に再訪したいと話してくれましたが、きっと実現させてくれるでしょう。再会が楽しみです!(^^)!


明日は、9月の「怪フォーラム」の際にご利用いただいた男性2人が、「生誕祭」のためにリピートしてくれます。翌4日は「初一人旅」の男子大学生が入り、さらにその後も「初ゲストハウス」の旅人さんからの予約があります。こういった、うちの宿のコンセプトに共感して丁寧なご予約を入れて来てくださる人には、ただただ「ありがとう」の一言です!
これからも、この傾向のまま集客できれば、うれしいのですが・・・。どうなるでしょうか!?


一方で、「ホームページの内容を読まずに、とりあえず電話してくる人」と「当日予約」や「宿泊予約サイトからの予約」は課題です。
「とりあえず電話」は相変わらず。むしろ増えてきました。本日は「8月12日の問い合わせ」。年配のご夫婦のようで「宿泊料金が安い」からと電話してきたらしく「ゲストハウスがどんな宿か」は理解していませんでした。もっとも現時点ではゴールデンウィークすら受け付けたばかりなので、8月など受けようもないです・・・。
ほかにも何件かありましたが「ホームページを読んでいただき、文書でやり取り」をお願いすると、それっきりになるか、説明すると不成立になる人ばかり。やはり「満足度重視」でいきたいので、「厳しい」と思われても、きっちりしたいです。「文書でのやり取り」なら、私は全く苦にならないのですが・・・。
当日予約は、うちは「それぞれの旅のスタイルに合わせて事前に情報提供やプラン協力をし、満足度を高める」ことに重点を置いているので、電話ではそれができないのと、「どんな人が来るのか」も掴めないため、受理しづらいです。
実際、予約メールをいただいた人には、交通手段の効率面や割引利用、さらには気象状況に合わせた案内などを行っていますが、非常に喜ばれていると思います。それがうちの宿の“ウリの一つ”でもあるので、当日の電話予約は、あまりうれしくはありません。
電話予約を全廃止できればいいのですが、さすがにそうもいかず。悩みどころです。
そして、先日も記しましたが、「宿泊予約サイトからの予約」は「週末に車で来るグループ」が多く、宿の方向性とはちょっと違った層になります。今のところ、公式ホームページからご予約の旅人さんと被った日はないのですが、今後どうなるか、ちょっと懸念しています(ゴールデンウィークとか心配です)。


総じて、これらの中には「ゲストハウス自体を理解していない人」もいます。「宿泊料金しか目に入っていない人」とか(しかも一番安い料金しか見ていない)。明らかに「下心丸見えの質問」もありますし、とにかくちゃんとホームページの内容を読んでいただきたいものです・・・。


まあ、3月は幸先良し。
良い方向に考えて、楽しんでいきましょう(@^^)/~~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。