鳥取境港❝縁❞(コミュニティ重視型ゲストハウス様式の宿)

水木しげるロードの近くに、境港初の簡易宿泊施設(ゲストハウス形態の宿)をオープン!
https://guesthouse-en.jimdo.com/
ドミトリーは女性専用で、ゲストハウス初心者でも安心できる健全さを重視。子ども連れのご家族も歓迎です!
「旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間」がコンセプト。偶然に集う旅人同士の❝縁❞を大切に「楽しいことやってます!」
米子や大山、松江、美保関などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

ブロンズ像の大移動

先週は雪が続きましたが、今週は日曜に雨が降って一気に雪が融け、水曜日以降は穏やかな天候が続きました。
水木しげるロードのリニューアル工事は、天候不良に悩まされ遅れ気味で、晴天時はフル回転の状態。今日はブロンズ像の大移動が行われました。


昨年の7月以降、「世界妖怪会議」の会場に順次、ブロンズ像が移され、年末ごろは最大74体ありました。1月以降は徐々にロード本線に戻り、今朝の時点では58体でした。


今日2日は朝からクレーン車とトラックがフル稼働し、掘り起こされたブロンズ層がクレーンで吊り上げられ、トラックに乗せられてロード本線へ。午後からは設置作業も進みました。

こうしてよく見ると、作られた年によってブロンズ像の違いが分かります。

創世期の1994~95年のものは台座の加工が少なく、2005年と12年のものは台座に魂のようなイメージの彫刻があり、昨年のものはさらに凝った感じ。土に埋まっている部分も、「泥田坊」は石そのままだし、「田の神」や「畳叩き」は台があり、写真では分からないですが「算盤小僧」は棒が突き出ていました。


明日も移動があるそうなので、週明けには50体以下になります。
最大時は妖怪たち埋め尽くされていた「世界妖怪会議」の会場も、スカスカの状態。ちょっと寂しくなっています。その分、ロード本線は「形」が見えてきました。


今は閑散期が続いていますが、にぎわいを取り戻し、それとともに「心から楽しんでいただけるように」尽力して、旅人さんを迎えていきます!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。