「旅の宿家」鳥取境港❝縁❞ ブログ(^^♪

とにかく「旅」が好きな自由人。
「旅そのものと境港・水木しげるロードを楽しむ」に拘った「旅の宿家」(ゲストハウス様式)を、2016年8月26日にオープンしました。
https://guesthouse-en.jimdo.com/
女性客とファミリー主体の”遊び心”いっぱいの寛ぎの空間です!
米子や大山、松江、美保関、隠岐などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

行程を「追加する」旅

先日、中部地方から一人旅の女性が来られました。

「境港に1泊のみ」の予定で、昼過ぎに到着され、荷物を置いて観光に出掛けました。平日で休業の店も多かったですが、半日かけて満喫できたようです。時間に余裕があるので、夜も「妖怪ショップゲゲゲ」での手づくり体験を楽しまれました(ちなみに「初ゲストハウス」でした)。


「水木しげるロードの観光以外は特に決めていない」ということでしたが、ご到着が早かったのもあり、初日だけである程度満足されました(コアなファン以外の水木しげるロードでの観光滞在時間は概ね4時間くらい)。
そこで「翌日のプラン」の話になった際、関心を示したのは建造物や神社仏閣などでしたので、「コミュニティバスで美保神社2時間コース」を提案。翌朝から出掛けられました。
さらに「なかなか来られる場所でもないし、出雲でもう1泊して、出雲大社に行く」と言われたので、大社周辺の案内に加え、松江城や日御碕などを提案しました。


女性の一人旅は年代にかかわらず「主要な目的地以外は、現地で決める人」が結構いるのが特徴的です。「公共交通機関」を使っている人が主ですので、ゆったり予定を組んでいて、「プラスアルファの情報」を望まれます。
特に「『明日は出雲大社』『明日は鳥取砂丘』『でも、ほかは決めていない』」という人が多め。好みに合わせて、島根エリアだと松江城や八重垣神社、玉造温泉、日御碕、島根ワイナリー、旧大社駅――など、鳥取エリアだと大山周辺、由良(青山剛昌ふるさと館)、倉吉、東郷温泉、白兎神社――などを提示する感じです。
2人以上のグループになると「行程は事前にきっちり決めている傾向」があり、男性客は「公共交通機関の利用者は“鉄道マニア系”が主で、自分で調べた情報を基に行動する傾向」が強く、こういった「プランニング系の話題」にはなりません。飲食店などの地域情報は聞かれますが「旅」としての情報は必要とされない感じです。


あと、女性客は「公共交通機関を使っている割には、時刻表の活用やタイムテーブルの組み合わせ方などが、あまり得意ではない」と感じます。「応用力」は「旅慣れているか」次第でもあるのですが、情報が「簡単に調べられるようになった」一方で「見つかった情報だけを信じ込んでしまうこと」があるように思います。


うちの宿は「公共交通機関を効率よく使った旅のプランニング」には絶対の自信を持っており、フリー切符の活用はもちろん「JRとバスなどを組み合わせる方法」「米子空港連絡バスを使った“裏技”」「コミュニティバスの活用」――などを具体的に提案しています(「境港―松江」間のバスでさえ、意外と知られていません)。
それでいて、ガチガチに決めた提示はせず、複数の案を示して「最善プラン」をご自身で決めていただいたり、連泊して戻られる場合などは「出発時刻と、最終の時刻以外は幅を持たせて案内」しています。
今は「乗換案内」「時刻表検索」が便利ではありますが「組み合わせ技が利かない」という難点があり、そのあたりを伝授することで、目的地を追加できたり、時間や費用を抑えることができます。
自分自身が「公共交通機関を“データ的”に活用する」タイプなので、この分野に関しては、知識だけでなく「実体験に基づいた感覚も加えた情報提示」はできていると思っています。


宿には「鳥取砂丘周辺、倉吉周辺、米子・大山エリア、松江、出雲、石見銀山」あたりの観光資料を一通りそろえていますし、自分が20年かけて集めてきた観光冊子類も膨大です(引っ越しの際、段ボール10箱以上使いましたが、納めきれず、かなりの量を捨てました)。
一人旅の女性客は、これらを「活用」してくださることが多く、近隣だけでなく倉敷や広島・宮島、山口県エリア(長門・仙崎、萩、秋吉台、下関、角島など)の資料や案内も好評をいただいています。
「旅の情報提供と拡大」には力を入れていますので、もっともっと生かせればと思います。


ちなみに、来られてから「延泊」してくださった人が、現時点で10組います。女性の一人旅が8人、男性の一人旅が1人、ご家族が1組。「1泊→2泊」が6組、「2泊→3泊」が2人、「3泊→4泊」と「6泊→7泊」が各1人です。


女性の一人旅8人は、20代前半~50代まで、年代はバラバラ。仕事を辞めたのを機に旅している人や、リゾートバイトで繋いでいるようなタイプが多いですが、「子どもの手が離れたから」という「40~50代の既婚者」もいます。学生は「水木しげるロードだけ2泊で満喫」みたいな人は結構いるのですが、「旅人タイプ」は意外とハードスケジュール型です。
うち2人は「3日間有効の『縁結びパーフェクトチケット』を活用し、2泊→3泊に変更」。ともに「貧乏旅タイプ」でした。移動時間のロスは多少ありますが、米子からの夜行バスや米子空港便を利用される人だと、移動して松江や出雲と分けて泊まるよりも、費用が抑えられます。
ほかは、3人が「宿内での資料を参考にして、ゆっくり周辺観光」で、「3泊→4泊」の人は隠岐へ行ってから戻った際も泊まってくださったので「計6泊」でした。残り2人は「卒論調査を延長した中国人留学生」と「急病で予定変更せざるを得なかった人」です。
ご家族は「子どもが帰りたくないと言ったから」で、男性の一人はバイク旅で「雨」が理由でした。


このほか「予約を受けた後、詳細案内を送って旅の相談を受けるうちに1泊追加された」のが、60代女性1人、ご家族1組、2人組女性の計3組います(ご家族のみ「2泊→3泊」に変更)。皆「境港を拠点に、ゆっくり周辺観光」でした。


また、この計13組、1人を除いて「公式ホームページか電話での予約」。ホームページでさまざまなプランを提示しているのを、じっくり見てくださっている人だとも言えます。ちなみに連泊者も公式ホームページから予約される人のほうが圧倒的に多いです。


自分自身は、2泊や3泊の場合は大抵「同じ宿に連泊」します。最初に「拠点を決める」ので、基本的に「出発日と帰宅日は決めてあり、メーンの目的地に応じて宿は事前に抑える」ため、現地で延泊はめったにしません。
「片道2時間以内で行ける距離」でしたら、大抵の場合「拠点から往復したほうが、総合的な費用が抑えられる」ものです。特に「フリー切符などの利用」が有効になります。
また、余分なものは宿に置いて出られますし、コインロッカー代のような「無機質なもの」にお金を使うのが嫌。常に資料類を集めるので、荷物が重くなるため「なるべく身軽に動きたい」です。


定職に就きながらだと、なかなか「宿泊を追加」とはいかないものですが、「情報」に重点を置くことで「もっと楽しもう」と思っていただけることは「旅宿冥利」に尽きます。
このようなケースから、親交がある大山や出雲の宿を紹介することも多々ありますし(実際、境港は決して「拠点にしやすい場所」ではないので、うちに延泊するよりは、近隣エリアでの宿泊を追加される人が多いです)、「旅」としての繋がりを生かしていくうえでも、尽力していきます。

芸能人のご宿泊に思うこと

10月末、TV番組のロケで2人の芸能人にご宿泊いただきました(本日19日夜、放映です)。


まず、芸能人のご宿泊は素直に感謝しています。頂いたメッセージカードは宿泊者の目を引きますし、同じ部屋をご利用いただくだけで喜ばれることもあります。
が、個人的にTVに映りたくはなかったですし、マスコミを使って宣伝するつもりはありませんので、複雑な心境です。「芸能人が泊まられたこと」と「TV放映」は切り離して考えたい、と思っています。


正直なところ、ほかの宿泊者がいなかったら、またTV東京系でなかったら「撮影は不可」にしたかもしれません。今回の番組については、一切、打ち合わせもなく素のままの対応が放送されており、いわゆる“演出”はありませんが(お見送りのシーンも、すべての宿泊者を玄関先で見送っていますので、特別なことではありません)、これが事前に“つくられた”「取材」だったら受けなかったかもしれません。
自分がその番組を見たことがなかったうえにTV東京系だったので、失礼ながら注目度は低いだろうと思ったのと、地元などでロケや取材に接した際もTV東京系はほかの局に比べて“作為感”がなく好印象で、今回も取材班や制作部の対応が良かったのと、その日の宿泊者が歓迎されたのもあって受けた感じです。
これによって今後、意図しないことが起きる可能性もありますが、放映時およびその後の対応におけるこちらの要望は受け入れられているので、納得はしています。


宿としては普段どおりの対応しか行っておりませんし、宣伝の意図もありません。宿の方向性としては、あくまでも「『予約ルール』に基づいて対応し、コンセプトをご理解いただいた上でのご宿泊」が基軸です(そのため、番組サイドへ問い合わせがあった際も、電話番号は公開せず公式ホームページを案内する約束を交わしています)。
宿泊に至った経緯は、ロケ当日は教職員関係の大きな催しがあり「近隣の宿が、どこも満室だったため」ですが、受け入れる前に「宿の主旨、特徴、基本ルール」について説明し、ご理解をいただいているだけでなく、スタッフさんらに事前確認もしていただいております(そのあたり放映上では分からないかもしれません)。
行程の関係上、スタッフは事前に松江の宿を取っており、21時以降~翌朝は撮影が回っていません。「あくまでも“3人の旅人”として迎えた」ので、TVに映っていない通常の会話は、うちの宿らしい空気感になり、そこに「特別」なものはありません。また上記のとおり「ほか2軒が満室だったため来られただけ」で、単なる偶然の出来事です。


自分は新聞社に2社12年勤めていたので、ある程度は「マスコミ業界」に詳しいです。自分が在職していた10年~20年前と「現代」とは“報道の在り方”が違い、役割や捉え方は変化していますが、読者・視聴者に対する「影響力」は変わらない、いや「ブームをつくる」という点に限れば、大きくなっていると思います。
この、マスコミの「影響力」については、考えさせられるものがあります。
現実的な話をしますが、「真実を報道する」のではなく「報道されたことが真実だと思わせる」のが、マスコミの存在。大抵の人は「報道された内容に対して、疑ってかからない」ので、「検証されない情報だけが独り歩きしてしまうこと」もあるのです。
今は特に「ブーム」をつくって“誘導”する傾向があるので「本質」に行き届いていないと感じることが多々あります。新聞各社やTV局は、昔は各社ごとで「見解」「方向性」に「違い」を示すことでライバル視する傾向がありましたが、今は「同じ方向に飛びつき、流れに早く乗るのを競う」という感じです(すべて一概には言えないですが、ライバル関係の捉え方が「内容」よりも「早さ」にある感じになりつつあると思います)。そして、良くも悪くも「熱しやすく冷めやすい報道」で、見る側もそうなりがちです。
特に新聞においては「見出しやキャッチコピーしか読まない人」が多く、年齢が低くなるにつれて「活字をじっくり読む習慣」がなくなってきていることもあって、記事内容も「要点だけを短くまとめる傾向」が強まっています。「掘り下げる報道」は、TVのワイドショー的な番組か週刊誌が主で、新聞では見られなくなりました。
個人的には、TVで放送されたものよりも、歴史や経緯、そして“想い”といった「本質的」なものを大切にしたい、とは思っていますが・・・。


TV番組だと、例えば「生番組なのに数日前から何度もリハーサルし、台詞も一字一句決めている。しかも天候不良などで観光客が歩いていなかったりして映像と台詞が合わず――」。といった放送があるのが事実ですが、今回、そういう要素は一切ありませんでした。TV番組というよりも「旅人」として捉えることができたのは、良かったと思っています。
なので、「芸能人が泊まったから」ではなく、あくまでも「宿の特徴に共感して」来てくださる人が増えてくだされば幸いです。

「怪フォーラム」1月に京都で開催

境港、徳島県三好、岩手県遠野の3県持ち回りで行われてきた「怪フォーラム」が、今年は1月26日・27日に京都で開催されます。


この3市は「世界妖怪協会」(故・水木しげる先生が永久会長です)が、妖怪文化の普及に貢献した地域として認定した「怪遺産」を有するとしています。


2016年の境港開催の際は、徳島と岩手からも関係者や関心が深い人たちが来られ、盛り上がりました。


あと数日、予約状況を見て、26日に伺えればと検討しています。


テーマを絞る旅

先日、「日本各地の漁港の写真を撮っている」という写真家の女性にご宿泊いただきました。
朝6時半に起きて、自転車で卸売市場と中野港を巡ったほか、美保関へ渡り、美保神社にお参りしつつ近くの港を巡られました。
失われつつある昔ながらの「日本の原風景」を大切にしたいと“想い”を語られ、訪ねた地のいろいろな話を伺いました。神社仏閣なども好みなようで、基本的に「つくり込んでいない自然な姿が残っていること」に思い入れがあり、その“想い”がとても共感でき、中身の濃い、有意義な旅話を聞かせていただきました。
蕪島(青森県八戸)や太海(千葉県館山)など、自分もなじみがあり何度も旅している場所の話も出て、懐かしさと、災害の影響、整備による景観の損壊など“在り方”を考えさせられる話もあり、勉強にもなりました。


港などは昔ながらの生活感がそのまま残っているからこそ“画になる”もので、整備や観光地化は良し悪しだと感じます(町並みの保全なども同じですが)。
写真の基本として「引き算の思考、余計なものが映らないように撮ること」があるのですが、どれだけ美しく整備しても“つくられたもの”は違和感を覚えるもの。「本当に美しい風景」には、もともと「余計なものがない」ので、そのような違和感がありません。
よく「旅」において「何もないことも魅力」という言葉が聞かれますが「何もない」ではなくて「つくり込んでいないこと」にあると思います(水木しげるロードも、自分にとっての魅力は「観光地化が進んでも、町をつくり込まなかったこと」が「原点」です)。


下記のご本人のホームページで写真を紹介されていますので、関心があれば拝見してください。


今までも、明確な「一つのテーマ」の下で楽しまれている一人旅の女性には、何度かご宿泊いただいています。テーマを絞り込んでいるのは40~50代が多めです。


17年秋には「全国の“橋”を巡る」というの女性が来られ、江島大橋や境水道大橋へ向かわれました。自分はいわゆる“工業系”の物事は苦手なので、建築の話とかはさっぱりでしたが「景観としての美しさ」に関する話は、参考になるものが多かったです。
この年代は「神社巡り」「御朱印集め」も多いですが、特徴としては「かなりマイナーな神社まで足を延ばしていること」。「3泊4日で山陰エリア50か所くらい巡る」という人も来られています(公共交通機関では不便な場所も多いですが、工夫して効率よく訪ねられています。また、事前や当日にルートの相談を受けることも多いです)。「信仰」として、だけでなく「建造物」「歴史背景」などとしての関心が深い人もおり、人によってさまざまです。
ほかでは「刀マニア」「釣り旅」「魚通」「遊郭跡マニア」みたいな人も来られています。「鉄道マニア」も結構来られますが、男性が「車両に詳しい乗り鉄」が殆どなのに対し、女性は「駅舎」や「車窓風景」、あるいは「ラッピング車両」への関心が高いです(男性の鉄道マニアだと「鬼太郎列車」のようなラッピング車両は“邪道”だと嫌う人もいます)。
こうした「拘りの強い人」は、総じて年齢が高めなのもありますが、作法や言葉使い、マナーが非常に良い傾向があります(特に神社仏閣が好きな人)。行動的ですから「出発が早い人」が多く「羽目を外す」という感じもありません。


以前にも記しているとおり「女性の一人旅は約95%が公共交通機関で来られる」のですが、20代などの若年層も含めて「目的地意識」は全体的に高めで具体的(それがなければ境港に泊まらないでしょうが)。今のファミリー層は「子どもの希望」が主体なので「目的意識は高いが、行楽型」であるのに対し、女性客は「明確な目的の下での旅」が多いです。


また余談ですが、今回の女性は「青春18きっぷ」の利用者でしたが、中高年と20代までとで「青春18きっぷ」の使い方が、かなり異なります。
自分もそうなのですが、年齢が高めの人は「移動日は移動に徹し、観光する日は楽しむ」という感じ。「端折るところ」は徹底している感じです。学生や20代は移動手段に夜行バスを使うケースが多いのもあってか「移動しながら観光も」という小刻みに楽しむスタイルが主のようです。


なお「特殊なマニア系」の客層は、もちろん水木しげるロード観光には関心は薄いのですが、女性客のほうが「地域の飲食店で料理を楽しむ傾向」が強く、夜間ライトアップなども併せて見に行かれます。「ついでに見ていこう」という貪欲さも高いです。
「旅」という視点で見た時、うちの膨大な資料が生かせるタイプでもあるので、海や魚への関心が高い人、神社仏閣に関心がある人、鉄道好きな人――などにも、もっとご宿泊いただければと思います。

名前のデータ

延べの入り込み数が850人に達したので、名前のデータを取ってみました。
まだ「同姓同名」(同音も含む)はなく、バラエティーに富んでいますが、地域的に関西を中心に南関東、中国・四国、中部地方からが主なため、意外な偏りも出てきました。


利用者に多い苗字のベスト5は、次のとおり。
1位「山田」9組14人(苗字ランキング12位。一人旅女性5、男性1、家族2組、男女グループの一人×1)
2位「山口」6組12人(同14位。一人旅女性2、家族2組、女性グループの一人×2)
3位「井上」6組9人(同16位。一人旅女性3、男性1、2人組女性の一人×1、家族1組)
4位「鈴木」5組5人(同2位。一人旅女性4、男性1)
4位「前田」5組5人(同29位。一人旅女性3、男性1、2人組女性の一人×1)
以下、「田中」「伊藤」「渡辺」など4組入った苗字は多数あります。


上位の苗字は、いずれも「女性の一人旅」が多いです。
一人旅は「男性1:女性6」くらいの比率ですが、男性の苗字が「各1人ずつまんべんなく」なのに対し、女性は「特定の苗字が多い」感じになっています。2組入っているのも結構ある一方で、苗字ランキング1位の「佐藤」、同5位の「渡辺」がいませんし、同3位の「高橋」と同4位の「田中」も一人だけ(ちなみに「佐藤」「高橋」「田中」は男性も1人)。
「ご家族」の苗字も男性同様ばらつきがあって、3組以上入っている苗字はありません。
ダントツで最多の「山田」は地域がバラバラで、北は山形や新潟、関東も関西もいますし、鳥取県内からもいます。学生や関東在住の人は「出身地」も伺うことが多いのですが、「山田」は全国に散らばっている感じです。
2番目の「山口」は関東2、関西3、長崎1ですが、東京在住の一人も長崎出身と話していました。3番目の「井上」は一人だけ東京で、ほかは大阪が3組と岡山、佐賀で西日本ばかり。4番目の「鈴木」は南関東が4人と札幌が1人。南関東に多い苗字なので、その通りになっています。5番目の「前田」は東京、大阪、兵庫、島根、福岡が各1とバラバラです。


人数だけを見ると「渡辺」が15人で最多ですが「7人家族、5人家族、ご夫婦、男女グループの一人」の4組で、一人旅は男女ともいません。ちなみに同99位の「渡部」が1組入っていますが、こちらも5人家族。「渡」で始まる苗字は「子だくさんの家族」が多いです。


苗字ランキング1位の「佐藤」は2組6人だけ(男性とご家族1組)。同3位の「高橋」も2組2人。ともに北関東から東北かけてに多い苗字なので、あまり入っていません。「ベスト10の苗字は男女差が少ない」傾向です(男性にありふれた苗字が多めのうえ、特定の偏りがない)。


同9位までの苗字は2組以上入っていて、同10位の「加藤」が親子1組だけ。
同11位~16位も2組以上ですが、上記の「山田」「山口」「井上」に加え、同11位の「吉田」は女性ばかり3組4人(一人旅は1人)、同13位の「佐々木」は一人旅の女性2人、同15位の「松本」も女性3人(一人旅は2人)とご家族1組で、同10位までと違い、この範囲は圧倒的に女性が多いです。同17位の「斎藤」が女性1人だけ(ちなみに同45位の「斉藤」も女性1人だけ)。
以下、ベスト30までの苗字は、すべて1組以上入っており、また男女差があまりない感じになっています。
同31位の「小川」、同33位の「後藤」などが入っておらず、ここから急激に「ゼロ」の苗字が増えます。


意外なのは、中部に多い「伊藤」こそ4組入っていますが、ほかの「〇藤」の苗字があまり入っておらず、ほかに2組以上入った苗字はありません。苗字ランキング36位の「近藤」も1人だけ、「遠藤」(同39位)、「工藤」(同65位)、「安藤」(同71位)はゼロです。
北関東~東北分布型の「佐藤」や「斉藤」「斎藤」「工藤」が少ないのは納得ですが、「安藤」「加藤」「後藤」などは中部地方に多いので、「○藤」の人とは少し縁が薄いのかな、と感じてしまいます。なお「伊藤」は4組中2組が「名古屋市」からですが、「井藤」も名古屋から1人来ています。


一方で苗字ランキング400位以下では、同475位の「堀口」、同683位の「赤松」、同810位の「合田」、同1037位の「二瓶」、同1375位の「宮武」が、いずれも2組入っています。
「合田」のみ2組とも大阪府(1組は四国出身だと聞いた覚えがあります)ですが、ほかは「東北と関東」「関東と関西」「中部と中国」「中部と四国」など地域が異なるので不思議です。


苗字ランキング21,000位以下、推定世帯数が「50以下」の、いわゆる珍しい苗字の宿泊者は次のとおり。
「覚幸」「數森」「合掌」「貫戸」「鋪田」「先東」「竹堂」「伴谷」「仲底」「長三」「則井」「比山」「松嶌」「峯坂」が入っています(内訳は、一人旅の女性5人、男性2人、ご家族5組、グループの一人×2人)。地域はバラバラです。
自分が調べた感じでは「長三」が最少(データでは3世帯と出ます)。「先東」「則井」も10世帯以下となっています。
(苗字ランキングは村山忠重さん調査の資料などを基にしました)。


「名前」のほうは、子どもが多いので非常にバラエティに富んでいますが、全体に「男性よりも女性のほうがバリエーションが少なめ」で、特にうちは30~50代が多いこともあって、偏りがあります。


最多は「あやか」で10人。子どもと20歳代が大半です。「あやな」「あやね」「あやめ」などもいて「あや」は全体に多い感じ。「あい」「あき」も多く「あ」で始まる名前が目立ちます。
あとは「ひろこ」「ゆうこ」「ようこ」が続き、こちらは40~60代に多め。
割引対象と定めている「みずき」(みづき)さんも、5人入っています(女性4、男性1)。
いずれも表記はさまざまですが、「あかね」さん5人は「茜」3人と「あかね」2人。同表記では「裕子」(ひろこ・ゆうこ)が最多の4人で、すべて今年の夏以降。しかも、うち3人の苗字が「○田」です。
男性では「亮介」が2人なのが、やや珍しい感じ。「雄大」は「ゆうだい」と「ゆうた」、「真」は「しん」と「まこと」など、読みが異なるのが多いです。全体的には「ゆう」が付く名前が多く、大人も子どももあり。子どもの名前は「はる」が目に付きます。


同じ日に「ひろこ」さんが3人(しかも、すべて40代の一人旅)入ったのをはじめ、「あやか」さんが2人、「みずき」さんが2人の日もありました(しかも「みずき」さんは2人とも隠岐フェリー欠航の当日予約でした)。


こういった偶然は多々ありますし「一文字違い」もかなりあるのですが、まだ同姓同名はおろか「同音同名」さえありません。同じ名前の人で最初になるのは、どうなるでしょうか?


ほかに誕生月、日にち別などもデータ化していますが、いろいろ面白い傾向が見えてきます。
「データで遊ぶ」のは大好きなので、今後も検証を続けたいと思っています。