「旅の宿家」鳥取境港❝縁❞ ブログ(^^♪

とにかく「旅」が好きな自由人。
「旅そのものと境港・水木しげるロードを楽しむ」に拘った「旅の宿家」(ゲストハウス様式)を、2016年8月26日にオープンしました。
https://guesthouse-en.jimdo.com/
女性客とファミリー主体の”遊び心”いっぱいの寛ぎの空間です!
米子や大山、松江、美保関、隠岐などへの起点としても生かせる「妖怪と魚の町」を楽しんでください!

長旅の大学生一人旅が続きました(残り3人の話)

先日、18日にご宿泊いただいた一人旅さんについてブログで記しましたが、さらに20日・22日・23日と一人旅の大学生が続きました。


皆、青春18きっぷを使って移動しながらの長旅(しかも“小柄女子”ばかり)。3月前半は女子か男女の2人組ばかりでしたが、この1週間は傾向が変わりました。すべて“貸し切り状態”になったため、御案内やプランニングなど、ゆっくり対応できました。


3月は学生が多めとは言え、うちは平均年齢が高めなので、かなり珍しい現象になりました。2月以降、子ども連れのご家族と社会人の一人旅が激減した影響はあります。
あらためて確認したら18・20・23日は「ほかの予約がキャンセル」になっており、22日は当日予約。コロナウィルスの影響がなかったら全く違った雰囲気になったかもしれないので、そう考えると、これも“縁”としか言えません。


ということで、一人ずつご紹介いたします。


≪1人目≫
20日にご宿泊いただいたのは、福岡からの医大卒業生。
実はなかなか特徴的なことを行っている人なのですが、割愛します。


列車の運休によりご到着が予定より2時間ほど遅れ、チェックインは22時半。青春18きっぷを使って「福岡→伊豆」の大移動で、旅の初日としてご宿泊いただきました。
ゲストハウス系のご利用は今回の旅で何度かあるようですが、うちが「初」。到着の遅れに関して何度もメールをくださるなど、非常に真面目で丁寧な人でした。


遅い時間のご到着ながら、夕食を提供。「少し多いかな」と思う量を、しっかり食べてくださって良かったです。夜は、翌日の水木しげるロード観光の見どころと、伊豆のフリー切符のプランニングなどの話になりました。

翌日は早起きして午前8時過ぎから散策に出掛けられ、昼前まで水木しげるロードと記念館を楽しまれた後、鳥取砂丘へ。その後は東へと移動され、数日かけて「伊豆の珍スポット巡り」をされています(「怪しい少年少女博物館」や「まぼろし博覧会」の話で盛り上がりました)。


「最大の目的地が伊豆」に対して「境港を経由して宿泊された」のは、やはり水木先生・水木作品のファンだから。決して口数が多いとは言えない中、的確な発言に“想い”を感じました。
ご到着が遅かったので多くは話せず、宿外の案内は行いませんでしたが、楽しんでいただけたようです。


≪2人目≫
22日の旅人さんは東京からの大学1年生。
当日夕方の予約です。既に2週間ほど旅を続けていて、始業が延期になったためもう少し旅するようで(しばらくオンライン授業らしい)今はゆっくりと西へ向かっています。


水木しげるロードに着いたのは16時を過ぎてからで、夜のライトアップを楽しんでいただくために、急遽ご宿泊となりました。もし、日中に水木しげるロードに着いていたら松江か出雲に向かわれる予定だったそうなので、これもまた“縁”でした。


夜はライトアップ観光とともに「妖怪ショップゲゲゲ」で、ぬりかべストラップの手づくり体験。
その後、松江・出雲と萩・長門、尾道、下関など、翌日以降の目的地などについてプランニングに興じました。

前日や当日に宿を抑えながら動かれていて、かなり“自由”でしたが「松江城は興味ない」と話すなど、目的地は明確に抱いていました。ほかの3人とは違い、ゲストハウス慣れした「旅人タイプ」でした。
翌日は昼前まで水木しげるロードを楽しまれ、松江・出雲方面へ向かわれました。


≪3人目≫
23日も東京からの大学生。美大生です。
1月末にご予約を頂いており、その後も丁寧なやり取りを重ねていたので、こちらも来られる前から好感度が高めでした。


14時過ぎに境港入りしましたが、島根に住む知人と同行されていたので、チェックインは夜。
同行者も一緒に夜間ライトアップをご案内したあと、ご当地スーパーへ夜食と朝食を買い出しに行きました。

22時ごろからコミュニティスペースで寛いでいただき、夜食やおやつを食べながら、メッセージカードやお勧め旅ノートを書いてくださったり、目玉おやじトランプや妖怪UNOで遊んだり。途中でシャワーを使ったり洗濯したりと抜けた時間はありますが、最後は午前3時半を過ぎていました(@^^)/~~~

それまでの3人は移動距離が長い旅でしたが、往復は「ムーンライトながら」で、あとは山陰→京都。目的地を絞っていたので、プランニングは翌日のご出発→由良→鳥取くらい。どちらかと言えば「会話」を楽しみました。


翌日はゆっくり寝て、昨夜買い出ししたもので朝食。豪華ですが、あまり食べなかったので、ほとんど自分の夕食になりました。
午前中は水木しげるロードに繰り出し「妖怪楽園」などで楽しまれた後、早めの昼食で「大漁丸」で寿司を堪能。魚介類はあまり好きではないそうですが、ノドグロやカニにご満悦でした。午後は由良の青山剛昌ふるさと館へと向かわれました。

また、うちに2回ご宿泊いただいている隠岐島前高校生と「神戸のゲストハウスで一緒になっている」そうで、思わぬ繋がりに“縁”を感じました。ちなみに、この時が「初ゲストハウス」だったそうで、うちが2回目でした(うちはなぜか「神戸のなでしこ屋が初ゲストハウス、うちが2回目」という人が複数います=逆もいます=)。


≪まとめ≫
皆、基本的に「旅の目的地や大まかな行程を決める→宿を決める→あとは旅しながら考える」でした(22日の人は当日予約でしたが目的地は明確で、行程は定めていました)。うちは、このタイプに力を発揮できる宿だと自負しています。


山陰は公共交通機関の利便性が良くないので、大まかな行程を決めておかないと動きが取れなくなる場合があり、女性客は「訪ねる場所とベースとなる宿を決め、あとはだいたいの時間だけ決めている人」が多くなります。年齢が上がるほど「自分できっちり決めたとおりに動くか、殆ど決めずに行動する傾向」。
学生も、今のような青春18きっぷの時期は「細かく決めている人」が多くはなりますが「絶対に決めたとおり動く」という感じでもありません。これは後述しますが「調べ方としての応用力不足」があり、プランニングに応じる中で、より良いプランを探っていくことが多々あるからです。


境港・水木しげるロードでの滞在時間としては半日以下(夜に到着、午前中観光、昼前後に移動が多い)、夜だけ観光の人も多くなりますが、逆に言えば目的地は明確に定めて来られるとも言えます。特に女性の一人旅は「100%公共交通機関で来られる」ので「目的地意識がなければ宿泊しません」。これは、複数の人が交わった場合に雰囲気がまとまる決め手です。


滞在時間は短め、お土産はあまり買わないなど、経済効果としては薄いですが、大事なのは「楽しんでいるか」。学生にしかできないスタイルの旅でもあり、この楽しみ方でいいと思っています。


ただ「時刻表の“読み方”を知らない」など「計画を立てる」に慣れていない傾向があり「ご自身で考えてきたプランに応用力がない」と感じることは多々あります。その点で、学生にご宿泊いただくとプランニングの話になりやすく、また、プランニングが生かされます。
そこで「旅を学び」、次の旅へと繋げていき、そして時期をあらためて再訪してくださればと願っています。
それが「町のファン」「宿のファン」をつくることでもあります。


自分は「滞在中を楽しんでいただく」ではなく「予約から帰宅までをサポートする考え」で接しています。これは一人旅に限らずですが「次の旅に繋げていく」という視点から丁寧に応じてはいます。


学生の旅人さんは、特に「学ぶ」意識が日常的にあるので、目的地意識の強さもですが、単に楽しむだけでなく、いろんなことを「吸収」していかれます。「旅宿」として、そんな旅のスタイルを応援していきます。


と記していたら、また一人・・・(@^^)/~~~
「続く」になるかも!(^^)!

初一人旅を満喫!

先週18日、新潟からの大学生にご宿泊いただきました。
「初一人旅」で、ゲストハウス系の宿泊も今回が初めて。トータル9泊の長旅で、大阪→兵庫→鳥取の順で来られ、うちの宿泊が「3日目」。その後、島根→山口&福岡→広島→岡山→京都と廻られており、まだ、旅の途中です。

有名景勝地プラス神社仏閣系を中心に廻っている感じで、境港へのご到着は19時、朝から美保関(美保神社)へ向かわれたので、日中の水木しげるロードは観光されていません。夕食後に、水木しげるロードの夜間ライトアップを楽しんでいただきました。

夜中にかけて今後の旅の相談などに応じ、うちの膨大な資料が結構“引っ張り出され”ました!(^^)!
「唐戸市場が15時までしか開いていないので、いつ行くか」「門司港と下関をどのように廻るか」「萩はレンタサイクルを使おう」「宮島のもみじ饅頭のお勧め」――など、資料と提案を基に行程を組み直したり、おやつとアイス(ライトアップから戻った後と、途中でシャワーを使った後とで2回も!)を食べながらの雑談やメッセージカードを書いていただいたのも含めて、午前3時過ぎまで会話が弾みました。

自社予約で、旅の目的や“想い”が具体的に記載されていたうえ、メールの返信も早く事前連絡が丁寧だったので、来られる前から信頼できました。
「予約ルールが守られ、やり取りが迅速で丁寧な人は、総じてマナーが良く好感度が高い」のを、まさに証明してくださる存在でした。


性格的にも明るくて素直。話しやすさもですが、周りに惑わされない自分軸を持っていて“人間味”にあふれ、旅を“純粋に”楽しまれているのが伝わってきました。


大学生は社会人と比べて「予約から来られるまで」のやり取りが丁寧で、好感度が高い人が多めです。これは日常の中に「学ぶ」があることによると思っています。
すべてではないですが「年齢が高くなるほど事前対応力が下がる傾向」はあり、特に男性客は顕著です(女性に限ると、なぜか60歳過ぎると丁寧な人が増えますが)。


「初ゲストハウス」も結構おられますが、程よい緊張感と自由さが相俟って、健全に寛いでいただけます。
また、女性客は全般的に公共交通機関で来られる人が多いですが、学生は一人旅だと100%、グループでも95%以上(車で来た学生は通算で1組だけ)。「目的地意識の強さ」が明白です。長旅でも「ほかはホテルや旅館」が多くなるのも一人旅の女性の特徴で、これも目的地意識と相俟っています(ちなみに、男性が含まれるグループだと交通手段が車かバイクが殆どになり「滞在時間が極端に短い傾向」。学生は一人旅だと大差ないですが、グループは男女差があります)。


まちづくりや観光振興など「学ぶ」と直結している人もいますし、日常的に「学んで」いることで「情報や説明を“吸収する”意欲」も強めです。


昨年秋以降だけで主な人を上げても、9月に姫路城や松江城なども巡られた初一人旅&初ゲストハウスの茨城からの大学1年生、同じく9月に隠岐へ渡り戻られた後にも立ち寄ってくださった4人組、10月に隠岐旅の前泊で来られた鳥大生、年末に卒論で来られた大阪の大学院生、今年1月に中国地方5県制覇の旅の初日としてご宿泊いただいた茨城の大学生、卒論で水木先生について取り上げるために6泊もしてくださった札幌からの2人組――など、好印象の人は多いです。
あるいはご宿泊以外でも、11月にお会いした國學院大生さんや今春お会いした杏林大生さん、早稲田と宮城教育大の卒業旅行生、東京からや京都からの2人組や早稲田&専修大の2人旅さん――など、たくさんの“縁”をいただきました。


うちの特性として「自分軸で考え、目的地意識を持って行動できる人」で「旅慣れしすぎていない人」と合う傾向があり、一方で、流行や周囲に影響されやすいタイプや「自分ですべて決めた通りに行動する人」だと、合わない面もあります。
そのため「本質」に行き届けるように見つけにくく、簡単に予約できるようにもしていませんし、他人軸の情報や感覚的なものより「文章を読む」に特化し、どちらかと言えば「PCで探す人向け」なので、決して学生層は多くありません。
全般的には年齢層が高めなだけに、社会人以上に「来られるタイプが揃う」のはあるかもしれません。


また「次の旅の相談」で連絡してくださるのも「学生でご宿泊してくださった人」が多く、2年半前の夏休みに泊まられた一人は、今でもやり取りが続いています。


「旅を学ぶ」は一つのテーマですので、これからも学生の旅人さんを応援していきます。
ぜひ、うちの豊富な資料を活用してください!


と、こんなブログをほぼ書き上げていたところに、20日・22日・23日と続けて、それぞれ個性豊かな「大学生の一人旅」が続きました。まとめ直そうかと思ったのですが、このまま公開し、この3人の話を続きとして記します!
(ということで、つづく)

平日の終電が30分早まりました

3月14日、今年もJRのダイヤ改正がありましたが、平日の旅人さんに少し影響が出そうな内容となっています。
今回、米子発、境港発ともに、平日が1便減となりました。20時台までは1~2分程度の変更があるだけですが、21時台以降が1本減り、次のように変わります。


(改正前)米子21:26発、22:05発、23:16発
(改正後)米子21:43発、22:47発


(改正前)境港21:39発、22:25発、23:07発
(改正後)境港21:38発、22:38発


最終列車が約30分早くなってしまい、益田からの最終の快速列車(米子23:09着)から乗り継ぐことができなくなりました。また、大阪や京都からの、最終の高速バスからも乗り継げません。


「高速バスから乗り継ぎ、終電で到着」は年に数人おり、益田からの快速からの乗り継ぎも1人いました。総数的には僅かとは言え「選択肢がなくなってしまう」のは、日中の時刻変更以上に影響が大きいです。


昨年春、境港―松江シャトルバスも本数が半減し、境港駅で「縁結びパーフェクトチケット」を購入して旅を楽しむ人が大幅に少なくなりました。特に「境港に連泊して松江や出雲へ」というパターンは、米子空港連絡バスを使わなければならず、僅かですが出費が余分にかかります。また、時間的な制約が増えてしまい、複数パターンからの選択が困難になりました(先日の札幌からの卒論組が実践してくださったものの、長期滞在を決めていないと難しいでしょう)。


そこに、さらに今回のJR改正。「公共交通機関を使って旅を楽しむ」ための選択肢は、年々厳しい状況に追い込まれていきます。
伯備線と山陰本線の鳥取―米子間は変更は僅かですが、山陰本線の米子―益田間は、減便や時刻変更もあります。「ローカル線」には厳しい状態になるばかりで、「青春18きっぷ」の愛好者にとっては、ダイヤ改正のたびに不利益を被る感じです。


新幹線や特急列車の優遇で利便性は増していきますが「旅の醍醐味」は、やはり「普通列車」。日常的な利用者の減少で現実的には難しいとはいえ、もう少し「旅人に優しい」であってほしいと願うばかりです。


なお、境線の土日については1~2分程度の変更があるだけで、ほとんど影響はありません。

水木先生をテーマに卒論

先日も記したとおり「水木しげる先生を題材に卒業論文に取り組む」(来年春の卒業です)という札幌の大学生に6日間ご宿泊いただきました。


水木先生の生家近くのゆかりの地を巡ったり、初代の水木しげるロードの振興会長だった「妖怪ショップゲゲゲ」の野々村さんにロードの完成式典(1996年)のころの話を伺ったり、観光協会に話を聞きに行かれるなど、精力的に楽しまれました。
滞在中に「春休みバージョンの影絵」の付け替えもあったので、通常と限定との両方のライトアップを楽しんでいただくこともできました。



8日に予定されていた「水木しげる生誕祭」にも参加される予定でしたが、残念ながら中止となったため、出雲・松江観光に費やしたり、美保神社へ行かれるなど、一畑グループの「縁結びパーフェクトチケット」を活用して周辺観光も楽しまれました。
最終日はリピーターさんの協力の下、水木先生の誕生日パーティーでサプライズ的にケーキを用意したのもあって盛り上がり、9日の朝、名残惜しそうにご出発されました。


「6泊」もご利用いただいた人は、約1年4か月ぶり。観光としては最大3泊までの人ばかりで、長期滞在は殆どありません。リピーターさんが増えたことで昨年から2連泊は多くなっていますが、それでも全体の15%程度。1泊だと「情」が移るところまでは到達しにくいので、目的地意識の高い連泊の人が増えてくださることを願っています。


今までにも記してきましたが、うちにも水木しげるロードの古い資料がたくさんありますし、まちづくり関係の冊子や、自ら集めてきた膨大な観光冊子も、ご自由に閲覧できます。
年末にも大阪の大学院生に活用していただきましたし、先日も見学していただいた人がいます。特に歴史や変遷、まちづくりなどを学ばれるなら、近隣のほかの宿より貢献できる自信はあります。


宿のコンセプトの一つとして「旅を学ぶ」人にご利用いただきたいというのがありますし、また、普段の旅においても「読み解く、調べる、考える」という気持ちを持って楽しんでほしいとも願っています。
まちづくり、観光学、水木先生、商店街活性化、町並み整備、テーマパーク――などをテーマに「学んでいる」人を歓迎していますので、ぜひご利用ください。


年代と構成が揃い、盛況に

昨日3月8日に行われる予定だった「水木しげる生誕祭」は中止、前日の関連イベントもなくなりましたが、水木先生の「生誕日」として、中止になっても水木しげるロード観光に来てくださる人も結構いました。


宿泊は前日と合わせて「13人で、10人が連泊」(延べ23人分)の予定でしたが、3日からご宿泊いただいていた札幌からの“卒論組”と合わせて「6人」、全員が連泊で「12人分」と、約半分になりました。「社会人1人」はすべてキャンセルになり「職場から止められたから」の人もいて、日本の会社体質に少し考えさせられることもありました。


結果的に、6人が2日とも同じメンバーで集い、しかも「2人組×3」で「年齢差が僅か2」。同世代が揃ったうえに構成も同じだったので初日からかなり打ち解け、8日はリピーターさんが用意してくださったケーキで「水木先生の生誕日を祝う会」を行いました。
もともと「生誕祭参加者」に絞って予約を受け付けていたので、全員が予定通り来られていても同じような雰囲気になったと思いますが、年代と構成が揃ったので、より「相性」が良くなりました。7日夜は午前2時半まで全員で盛り上がり、8日夜もケーキを頂いた後、みんなで夜間ライトアップを見に行かれるなど「一体感」が生まれ、「対等性」と「健全さ」も保たれて親密度が濃かったです。

今回、キャンセルで出た空室は「一般」に販売しませんでした。ここに例えば、年代が大きく異なる人、水木先生や作品に詳しくない人、あるいは観光以外の人が混ざると“浮いて”しまいますし、ファミリーを受け入れても就寝時間の違いなどが生じます。
「イベント時などは同じ目的の人で揃える」に徹しつつ、少しの緊張感や距離感、そして対等性や健全さを大切にしたいので「既に出来上がっているグループだけで埋めない」ように販売しています。


また、基本的に「宿泊者がいる時間帯は、地域住民の立ち入りは不可」というルールですが、これは「対等性」が失われることが大きな要因です。地域の人と遠方からの人が混在した場合、地域の人は「自分に近い位置づけ」になり、宿泊者同士の「対等性」が失われてしまいます。まちづくりから発展した観光地ですから、地域交流は「宿の外」で可能です(本来それが水木しげるロードのコンセプト)。
一昨年の夏ごろから、複数回ご宿泊いただいているリピーターさんが増えてきましたが、来られるのはせいぜい年2回以内ですし、最低限の節度が失われることはありません。「リピーターと常連の違い」で、あくまでも「まちの観光が目的で、そのための拠点として生かしていただく」でありたいです。


ちなみに8日、水木しげる記念館の無料開放は行われましたので、多くの人が行かれたようです。
ただ、無料開放を知らずに来た人のほうが多く、全体の傾向として、もともと生誕祭に来る予定だった人よりも「天気が回復したから近隣から観光に来た人」のほうが主になった感じ。実際、グループ旅行タイプが結構いた一方で、大量にグッズを買っている人などは、あまり見掛けませんでした。


特に「コスプレ組」はキャンセルが多かったようで「中止になっても仮装するぞ」という声が事前に上がっていた割には、仮装して観光されていたのは一部の人だけでした(常連組や近隣からの人です)。
これについては、まちをにぎやかに盛り上げるという良い面がある一方で、交通規制を行わない中で仮装することへの否定的な声もありました。中止の経緯を考えると「衣装程度が許容範囲か」とは思いました。


1~2月の集客が昨年の3割しかなく、さらにイベント中止によるキャンセルは大きな痛手でしたが、かえっていろいろなことを考えさせられるきっかけともなりました。
この後の見通しも厳しいですが、今回キャンセルになった人たちも「年内の再訪」への想いを馳せています。本質的な「まちのファン」が集う空間として、何とか乗り切っていければと思っています。